黒糖焼酎に興味があるけど飲み方が初心者にはわかりにくい

  • 5月 10, 2022
  • 5月 22, 2022
  • 知識編
  • 1428view
焼酎 芋焼酎イメージ|fd401481

黒糖焼酎の飲み方の種類が多くてわかりにくい。

黒糖焼酎に興味があるのだけれど、黒糖焼酎を試してみるにはどこか抵抗がある人も多いのではないかと思います。

黒糖焼酎とは言わず、そもそも焼酎にはいろんな飲み方があるというのが面倒くさそう。

このような疑問を思う方は多いのではないかと思います。

特に、日本酒やワインを楽しむ方にとって、お酒を飲むときに、いちいち、お酒に対する混ぜ物を考えるなんて面倒くさい!

そもそも、このような方にとって、どの飲み方がいいなんて考えるのが邪道だ!というように考えるのが当然だと思います。

しかし、あなたは、夏のくそ暑い日の風呂上りに、高級ワインを味わって飲みますか?

さらにあなたは、冬のくそ寒い日に、冷蔵庫で冷やした高価な冷酒を、心から美味しいと味わって飲めますか?

そんなあなたでも、黒糖焼酎なら、暑い夏の風呂上りに氷を入れたソーダ割りを、そして、寒い冬には熱いお湯で割った暖かいアルコールを楽しめるんです!

この先の記事を読めば、あなたは年中、どこで、どんな環境で過ごしたとしても、黒糖焼酎なら、美味しくお酒が飲めるということをご理解していただけると思います。

黒糖焼酎には、いろいろな飲み方があるからこそ楽しいんです!

日本酒 お酌 おちょこ|fd401467

黒糖焼酎、いやもっと広い範囲で、焼酎には、他のお酒には無いような、いろいろな飲み方があるからこそ楽しいんです。

これを聞いたあなたは、お酒に、いろいろな混ぜ物をするのは、面白いのではなく、面倒なだけだと、お思いになったのかも知れません。

しかし、いろいろな混ぜ物を、本当に自分好みに自由にしていいものなんだと分かったらどうでしょう?

確かに、この焼酎には炭酸割りが合うだとか、この黒糖焼酎はお湯割りが向いているといった傾向はあります。

しかしそれは、単なる傾向であって、どうでも良いことなんです。

例えば、あなたがとてもお金に困っていて、ペットボトルの焼酎だけしか家に無い状況だったとします。そして、夏の暑い日に、たまには美味しい炭酸入りのアルコールがどうしても飲みたかったとします。

ジョッキ生ビール 泡 グラス|fd401385

ここでビールやハイボールを購入してしまうと、明日も、その次の日も、またその次の日も、ビールやハイボールが飲みたいと思ってしまいます。

こんなときに、炭酸水があれば、焼酎ハイボールが簡単に作れてしまうんです。

そして、当たり前ですが、ビールに比べて、炭酸水ははるかに安い!

次に、あなたが寒い冬の日のことを想像してみてください。

あなたは、体が温まるという理由でお酒を飲むにしても、冷えたワインや日本酒を飲みたいと思うでしょうか?

筆者の場合、寒い日の晩酌に、少しでも美味しいお酒を飲みたいと思ったときは、日本酒の熱燗を想像します。

日本酒の熱燗をいざ買ってみて、熱燗を飲んでみると、確かに寒い日はとても温まりますし、美味しくお酒がいただけます。

そうしたら、次の日も、また、その次の日も、日本酒の熱燗を飲んでしまうんです。

筆者の場合、お酒の普段のメインは焼酎なので、たまに他のお酒を飲むと、必ずと言っていいほど、胸悪くなります。

これは例えば、寒い日に日本酒を飲んでいる場合もそうなのですが、初日は良くても、次の日、また次の日と、飲む日数を連続で重ねれば重ねるほどに、日本酒の糖質などにたいして、体が拒絶反応を示します。

そもそもですが、筆者にとって、日本酒は高いので、日々の晩酌には抵抗感を感じてしまいます。

そして、日本酒は、ずっと飲み続けるには、糖質が入っているが所以の、飲み続けられない感覚が付きまとってしまいます。

こんなときに、焼酎があれば、焼酎のお湯割りを作って飲むことができます。

焼酎のお湯割りは、ストレートにアルコールの温かさを感じることができます。

そして、日本酒のように、飲み続けても、胸悪くならないんです。

これは、焼酎の糖質が0ということもあると思います。

例えば、あなたが日本酒を飲んだ次の日に悪酔いして、胸悪くなることはないでしょうか?

筆者の日本酒好きな先輩がいるのですが、日本酒の悪酔いは、高級な日本酒であっても、飲み過ぎた次の日は起こるそうです。

つまり、日本酒の悪酔いには、日本酒の金額は全く関係なく、日本酒ならば起きやすいということのようです。

筆者の場合、年齢を重ねれば重ねるほど、日本酒を飲んだ次の日は胸悪くなるのに対し、焼酎を飲んだ次の日の体へのダメージが少ないのを感じるようになりました。

このように、焼酎には、いろいろな飲み方ができるということと、糖質0だからこその体へのダメージの少なさという、利点を感じることができる飲み物なのです。

焼酎は、蒸留酒に分類されるお酒、だからいろいろな飲み方ができるんです

焼酎は、蒸留酒に分類されるお酒、だからいろいろな飲み方ができるのだと思います。

蒸留酒には、他にも、ウイスキーやブランデーといったお酒があります。

蒸留酒は、蒸留する段階で、アルコール以外のいろいろな成分が飛んでしまうので、だからこそ、このようないろいろな混ぜ物を受け入れる要素があるのだと思います。

例えば、ブランデーティーというメジャーな飲み物がありますよね。

また、ハイボールも、ウイスキーを炭酸で割った飲み物です。

こんな風に、焼酎などの蒸留酒は、いろいろな飲み方を、そのとき、そのときの場面で楽しめる受け皿の広い飲み物だと言えます。

ここで、あなたはいろいろな飲み方といっても、混ぜるコツや銘柄に合う相性などが、わからないのでどういう飲み方がいいのかわからないと思うのではないかと思います。

実は、焼酎の飲み方はどのような飲み方でも正解なんです。

そうです。

夏の暑い風呂上りには目の前の焼酎に炭酸を入れて飲んでみてください。

冬の寒い日には目の前の焼酎にお湯を入れて飲んでみてください。

焼酎のアルコールがきついと思ったときは、水で割ってみて飲んでみてください。

そして、筆者の大好きな黒糖焼酎なら、糖質0なのに、甘さを感じることができます。

黒糖焼酎なら、ずっと飲んでも、無限に甘い接種ができて、胸悪くならないんです。

こんな風に、焼酎、もっと限定的に、黒糖焼酎は、いろいろな飲み方を自由に楽しめてしまう、オールマイティな可能性に満ちたお酒なんです。

どのような高級酒であっても、そのお酒が飲める場面は限定されてしまう

そもそもですが、どのような高級酒であっても、そのお酒が飲める場面や環境に限りがあるとは思いませんか?

筆者は、どのような高級酒であっても、そのお酒が飲める場面というのは限られてしまうと思います。

もっと分かり易く言うと、どのような場面でもオールマイティーに活躍できるお酒など、そもそも存在しないのです。

前述で述べた、夏や冬の例をとってもそうなのですが、もっと細かく言えば、料理の種類、味付け、個人の好みなど、お酒の一銘柄が活躍できる機会など、我々のお酒の場面だけを考慮してみても、とても狭い範囲に思うのです。

このお酒が好きだから、このお酒をずっと飲むんだと決めてしまうのではなく、もっとその場面に合うお酒を自由に楽しむ方がよほど簡単だし、経済的でもあると思います。

例えば、夏の風呂上りはビールやハイボールなどの炭酸アルコール飲料を楽しむ。

冬の寒い日は、熱燗や焼酎のお湯割りを楽しむ。

味の濃い料理に対しては、赤ワインやクセの強い焼酎を楽しむ。

味の繊細な料理に対しては、白ワインや飲み易い日本酒や黒糖焼酎を楽しむ。

このようにいろいろな場面を想定してお酒を楽しむということを考えたときに、黒糖焼酎には、いろいろなものを混ぜて対応すると、場面対応力がとても優れているということに気付かされます。

このような考えで黒糖焼酎を楽しもうと思ってみると、黒糖焼酎をはじめとする焼酎などは、飲み方が面倒ではなく、楽しいものだと思うようになります。

そうか、黒糖焼酎は、いろんな飲み方ができる、だから、とても楽しい飲み物なんだ。

黒糖焼酎には、いろいろな飲み方があるからこそ楽しいんです!

これまでの話をまとめると、黒糖焼酎は飲み方について、あれこれ悩む必要なんて、まったく無いということをお伝えしたいということです。

つまり、黒糖焼酎には、いろいろな飲み方があるからこそ楽しいんです!

そして、焼酎は他のお酒と違って、色々な飲み方ができるのが魅力なんです。

焼酎の最大の魅力は、他のお酒と違って、色々な飲み方ができるということなのです。

もう一度お話させていただくと、夏の暑い風呂上りには、黒糖焼酎に炭酸を入れて、焼酎ハイボールを楽しむことができます。

そして、冬の寒い日には、黒糖焼酎をお湯割りにして、温かい黒糖焼酎を楽しめます。

焼酎の度数がきついと感じたときは、黒糖焼酎を水割りにすると、とてもマイルドで飲み易いお酒に。

そして、黒糖焼酎をロックで飲むと、黒糖焼酎の芳醇な甘さと、キリッとしたような辛口や樽の風味といった特徴が際立つ飲み物として、楽しむことができるでしょう。

このように、黒糖焼酎の楽しみ方は、無限大に広がっていきます。

黒糖焼酎をじめとする、焼酎に馴染みの薄い方にとって、いろいろな混ぜ物を混ぜて飲むなんて、少々面倒だと思ったあなたも、少しは焼酎の魅力について、ご理解いただけたのではないかと思います。

これを読んでいるあなたは、黒糖焼酎の初心者だと思いますので、筆者がそういった、黒糖焼酎の初心者の方が楽しめる黒糖焼酎のセット品のリンクを書きに貼っておきます。

以下の記事を見ていただくと、黒糖焼酎の初心者でも安心して飲める、リーズナブルな黒糖焼酎のセット品の紹介記事となりますので、安心して記事を見ていただければと思います。

奄美群島の飲み易い代表銘柄を集めた6つの蔵元の黒糖焼酎の島めぐりのセット1.8Lを6本

上記リンクの商品以外にも、オススメしたい黒糖焼酎の商品はたくさんあります。

まずは、筆者のように、無限に広がる黒糖焼酎の楽しみを味わってみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>黒糖焼酎奄美の奇跡

黒糖焼酎奄美の奇跡

このサイトを通じて少しでも多くの人が黒糖焼酎及び奄美大島を好きになっていただけるよう、全力で魅力を伝えていきます。

CTR IMG