奄美群島の徳之島にある黒糖焼酎の酒蔵「奄美酒類(あまみしゅるい)」

  • 10月 29, 2021
  • 5月 22, 2022
  • 知識編
  • 25view

奄美酒類株式会社

「共同瓶詰会社・奄美酒類(あまみしゅるい)」について解説

奄美種類は、昭和40(1965)年に創業された奄美群島初の共同瓶詰会社です。

当時徳之島で操業していた、松永酒造場(代表銘柄「まる鹿」)、亀津酒造場(代表銘柄「まる一」)、天川酒造(代表銘柄「天川」)、高岡醸造(代表銘柄「万代」)、中村酒造(代表銘柄「富久盛」)、芳倉酒造(代表銘柄「まる芳」)の全6社が集まり、昭和40(1965)年に設立されました(その後、2社が脱退)。

奄美酒類 外置きタンク

松永、亀津、天川、高岡、中村の5社が造る原酒を集め、ブレンドして製品化しており、各社の取り決めで、5社が同じ量ずつ原酒を納めて製品化し、代表は各社持ち回りで就任することになっています。

但し、現在では上記5社から1社が脱退し、4社の蔵元の共同瓶詰会社となっております。

奄美酒類 工場内タンク

大まかな製法は統一されていて、原料の黒糖と米は概ね1.8対1の比率で用いられ、蒸留は各蔵との常圧蒸留です。

各蔵で製造された原酒は、タンクローリーで奄美酒類の工場に運ばれ、余分な油脂分を取り除く冷却ろ過を施されたのちにブレンドされ、甕(かめ)やタンク・樽(たる)に貯蔵されます。

奄美酒類 樽

貯蔵熟成中に原酒の表面に浮いてくる油脂分は丁寧に取り除かれ、透明で雑味のない原酒に仕上げられます。

所定の貯蔵期間を経た原酒は、銘柄ごとにブレンドされ、割水の上、瓶詰めして製品化されます。

大まかなレシピはブレンドでも、各蔵ごとの環境や設備の違いから、原酒の風味は微妙に異なり、ブレンドすることで風味に奥行きが生れます。

因みに、徳之島空港から出発して、中村酒造から天川酒造まで、西回りに共同瓶詰の4蔵と奄美酒類をめぐると、徳之島をぐるりと1周することができるんですよ。

奄美酒類株式会社 鹿児島県大島郡徳之島町亀津

取り扱い銘柄  奄美、黒奄美、ブラック奄美、奄美5年古酒 など

最新情報をチェックしよう!
>黒糖焼酎奄美の奇跡

黒糖焼酎奄美の奇跡

このサイトを通じて少しでも多くの人が黒糖焼酎及び奄美大島を好きになっていただけるよう、全力で魅力を伝えていきます。

CTR IMG