健康維持に最適。黒糖焼酎なら末永く安心してお酒が飲める!

  • 4月 2, 2022
  • 5月 22, 2022
  • 知識編
  • 2919view

皆さんは、お酒を飲むときに、体への悪影響を考えながらお酒を飲んでいますか?

皆さんは、お酒を飲むときに、体への悪影響を考えながらお酒を飲んでいますか?

あなたも飲酒中に、突然こんないやな質問をされたら気分悪いですよね?

そう、あなたも含め、私達の本音では、お酒を飲むときぐらい、仕事もそうですが、それに加えて、体への悪影響なんて、全く忘れて飲酒したいはず。

しかし、これを読んでいる方の中には、一般企業などで定期的に行われている健康診断の結果を見ては、お酒の体への影響が、気になっている人も多いのではないかと思います。

少なくとも、皆さんの中では、肝臓の健康値を図る指標の、γGTP(ガンマ・ジーティー・ピー)が気になっている人は多いとは思います。

さらに、皆さんの中には、糖尿病のことを気にしている人も多いのではないかと思います。

「お酒が自分の体にどれだけ悪影響を与えているかなんて、考えながら酒が飲めるかって言うの!」

「そもそも、嫌なことも忘れて、いい気分で酔いたいから、酒を飲むんじゃないか!」

そうです。そのとおりです。

私も思うのは、お酒を飲むときぐらい、自分の体への悪影響を考えながら飲むお酒なんて、美味しくないに決まっているってことです。

でもやっぱり飲酒が好きな人は誰でも、お酒が及ぼす体への影響って気になりますよね。

でもやっぱり飲酒が好きな人は誰でも、お酒が及ぼす体への影響って気になりますよね。

私も少し気になったので、いろんなお酒が持っている、カロリーと糖質、プリン体の割合を調べてみました。

以下は、いろんな種類のお酒の中でも、代表的なお酒について、カロリーと糖質を記載します。

それぞれのお酒100mlあたりのカロリーと糖質、プリン体の割合

お酒の種類カロリー(kcal)糖質の質量(g)プリン体の質量(g)
ビール39 kcal3.1 g3.3~8.4 mg
缶チューハイ51 kcal2.8 g0 mg
ワイン75 kcal2.0 g0.4~1.6 mg
梅酒163 kcal21.7 g0.2 mg
焼酎193 kcal0 g0 mg
ウイスキー222 kcal0 g0.1~0.3 mg
日本酒109 kcal8.8 g1.2~1.5 mg

それぞれのお酒が店舗で提供される単位のカロリーと糖質、プリン体の割合

お酒の種類店舗提供1杯カロリー(kcal)糖質の質量(g)プリン体の質量(g)
ビール500 ml195 kcal15.5 g16.5~42 mg
缶チューハイ350 ml179 kcal9.8 g0 mg
ワイン125 ml94 kcal2.5 g0.5~2 mg
梅酒180 ml293 kcal39.1 g0.36 mg
焼酎100 ml193 kcal0 g0 mg
ウイスキー30 ml68 kcal0 g0.0.~0.09 mg
日本酒180 ml193 kcal4.5 g2.2~2.7 mg

ここで、カロリーや糖質、プリン体などを見比べてみる際に、着目すべきは、実際に店舗で提供された場合のそれぞれの量だと思います。

数値的に悪いと思われるのは、ビールに含まれるプリン体の量や梅酒に含まれるそれぞれの数値の高さです。

プリン体が体に及ぼす影響

プリン体が体に及ぼす影響は、プリン体が分解されると尿酸という物質に変化し、これが高尿酸血症・痛風の原因になってしまうとのこと。

筆者はこの分野の専門家ではないので、詳しい言及は避けておきます。

糖質が体に及ぼす影響

また、糖尿病のリスクといえば、やはり糖質を思い浮かべますよね。

ただ、どのお酒であっても、ある一定以上のアルコールを接種しすぎると、糖質が0のお酒であっても、糖分が体内に残りやすくなり、糖尿病のリスクはあるということです。

しかし、アルコールの過度の接種でなければ、糖質やカロリーといったところの数値は、低い方が良いとされています。

ここで、アルコールの中でも、焼酎やウイスキーは、蒸留酒と呼ばれるお酒に分類され、製法の途中である蒸留の過程で、糖質が飛んでしまうため、飲む人には嬉しい糖質0になるんです。

糖質だけを考えた場合、焼酎、ワイン以外のお酒は、糖質の摂りすぎには注意が必要のようです。

カロリーが体に及ぼす影響

また、カロリーを考えた場合、ワイン、ウイスキー以外のお酒は、過度に摂取すると、カロリーの接種しすぎということになります。

カロリーについてはいろいろなところで言及されていまし、筆者は専門家ではないので、ここでの解説は控えさせていただきたいと思います。

ただ、アルコール飲料の接種のし過ぎは、カロリーの過剰摂取につながるので、できれば、飲む量を控えるなど、食料をカロリーオフの食品にするなど、工夫をした方がよさそうです。

これらを考慮すると、何となく、総合的に考えた場合、ワインが優れているように見えます。

次章では、医師が言及している、健康維持に有効なお酒について、述べさせていただいていますので、次章以降を読んでいただければ、これらの回答が得られるようになります。

実は、上記以外にも、アルコールの過度の接種は、血栓症、つまり、体内の血液がドロドロになって血流を妨げるなどのリスクがあります。

そういったことからも、健康面を考慮すると、過度なアルコール接種については、控えた方が良いというのが現状のようです。

では、どのお酒が体への負担が最も少なく、健康維持に最適なのでしょうか?

皆さんも気になりますよね。

実は、多くの医師が進める、健康維持に有効なお酒とは、スバリ、あのお酒です。

実は、多くの医師が勧める、健康維持に有効なお酒とは、スバリ、あのお酒です。

そう、多くの医師(ある調査によると42%)が進める健康維持に最適なお酒、それは、本格焼酎です。

ここで、本格焼酎とは、単式蒸留機を用いて製法する焼酎のことです。

これに対し、連続式蒸留機を用いて製法する焼酎のことを甲種の焼酎と分類されています。

ちなみに、本格焼酎に続くのが、ワインのようです。

ここで、皆さんにオススメしたいことが。

それは、筆者のブログのテーマである、黒糖焼酎は全て、本格焼酎だということです。

そう、だから、黒糖焼酎なら、健康を考慮して、安心して、お酒が飲めるということ。

では、以下に、黒糖焼酎のオススメな理由について、解説していきます。

黒糖焼酎がオススメな5つの理由

その1 糖質0、プリン体が0だから、糖尿病、痛風などの病気のリスクが低い。

その2 本格焼酎が持つ最大のメリットである、血栓症のリスクが最も低い。

その3 糖質0なのに感じられる黒糖の甘さは、甘いお酒が好きな人にもオススメ。

その4 原料の黒糖に含まれる栄養素がすごい。

その5 飲み易さ抜群!初心者から愛飲者まで万人にオススメできる味わい。

では以下に、それぞれの理由について、解説していきます。

その1 糖質0、プリン体が0だから、糖尿病、痛風などの病気のリスクが低い。

黒糖焼酎を初めとする、焼酎やウイスキー、ブランデーなどは、蒸留酒に分類されるのですが、この蒸留の過程で、糖質が飛んでしまうので、糖質は0となります。

また、原料の中にプリン体が含まれていないので、プリン体も0と、大変、健康には嬉しい要素となっております。

その2 本格焼酎が持つ最大のメリットである、血栓症のリスクが最も低い。

これは、【血栓症と飲酒習慣に関するインターネット調査】という記事があり、そこで紹介されている内容になります。

筆者は血栓症の専門家ではないので、詳細については控えさせていただきたいと思いますが、そこにご紹介されている内容で、以下のような内容のことが記載されていました。

血栓症とは、血液中でできた血栓(血の塊)が血管を閉塞することで、障害を引き起こす病気のことを言うようです。

本格焼酎が、この血栓症に対する予防効果が確認されているとのこと。

健康に対する悪影響ではなく、好影響の要因が確認されているとなると、これは商品を選ぶ理由としては十分な要因になるのではないでしょうか。

その3 糖質0なのに感じられる黒糖の甘さは、甘いお酒が好きな人にもオススメ。

黒糖焼酎は上記にも記載のとおり、蒸留酒なので、糖質は含まれておりません。

しかし、原料に使われている、黒糖や米麹の風味や性質などが反映されており、銘柄によっては、糖質0を本当に疑いたくなるくらい、十分な甘さを感じる銘柄もあったりします。

お酒と聞いて、甘いお酒が好きな人も多いのではないでしょうか?

糖質0のお酒の中で、最も甘いお酒が、黒糖焼酎です。

これは、甘いお酒好きにも勧められる要因ですよね。

その4 原料の黒糖に含まれる栄養素がすごい。

黒糖焼酎の原料である黒糖には、豊富な栄養素が含まれています。

カリウムやカルシウム、ナトリウム、マグネシウムといったミネラルやビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6)などが多く含まれています。

お酒に含まれる栄養素が豊富であるなんて、とても嬉しい限りですよね。

その5 飲み易さ抜群!初心者から愛飲者まで万人にオススメできる味わい。

黒糖焼酎は、飲み口がすっきりとほんのり甘く、飲み易いお酒が多いのも特徴。

さらに、キレもよく、後味がすっきりしている銘柄が多いのも特徴なので、どの料理の邪魔にもならない、万能なお酒です。

だから、初心者から愛飲者まで幅広くオススメできるお酒なのです。

黒糖焼酎のデメリット5選

その1 甘いといっても、糖質0だから梅酒のような甘さには遠く及ばない。

その2 生産量や生産地の関係から、単価が少々高くなり、送料もかかる。

その3 クセが弱いので、パンチ力のある料理に合わせると、どうしても水っぽくなってしまう。

その4 原料である黒糖が嫌いな人にはオススメできない。

その5 認知度が低く、一般の酒屋で入手が困難である。

では以下に、それぞれの理由について、解説していきます。

その1 甘いといっても、糖質0だから梅酒のような甘さには遠く及ばない。

黒糖焼酎は、蒸留酒の中では最も甘いお酒ではあるのですが、そもそもが甘いお酒が好きな人には、甘さがもの足りないと感じてしまうかもしれません。

どうしても甘いお酒が好きな人には、日本酒やワインのように、少しでも糖質が含まれているお酒の方が十分に甘さを感じることができます。

その2 生産量や生産地の関係から、単価が少々高くなり、送料もかかる。

黒糖焼酎は、奄美大島限定で生産が許されているお酒です。

それ故、単品で購入を希望したとしても、欲しいまたは、興味のある銘柄などが、単品だと送料がかかってしまい、気軽に手に入れられないというデメリットがあります。

黒糖焼酎初心者が、飲んだこともないお酒について、まとめ買いをするとなると、少々勇気のいる買い物になってしまいます。

その3 クセが弱いので、パンチ力のある料理に合わせると、どうしても水っぽくなってしまう。

多くの黒糖焼酎は、とても飲み易く作られています。

どうしても黒糖が原料のお酒なので、例えば、味の濃い、脂っこいようなパンチ力のある料理と合わせると、料理の味に負けてしまって、水を飲んでいるような感覚になります。

肉料理などには、クセのある芋焼酎などに、どうしても及ばないような点があります。

その4 原料である黒糖が嫌いな人にはオススメできない。

黒糖焼酎は黒糖が原料なので、黒糖が嫌いな人にはオススメできません。

これは、どのお酒に対しても言えるのではないでしょうか。

いくら飲み易いお酒を求めている人がいたとしても、嫌いな原料のお酒よりも好きな原料のお酒の方が、確実に美味しくいただけると思います。

その5 認知度が低く、一般の酒屋で入手が困難である。

日本で生産されている焼酎の中で、黒糖焼酎の販売量はわずか2%です。

これは、生産地から離れれば離れるほど、その認知度は低くなっていきます。

当然ですが、ネット以外の実店舗で入手しようと思えば、困難なことが多いです。

入手がネットに限定されてしまうような傾向があるというのもデメリットです。

黒糖焼酎オススメのセット商品をご紹介します。

それでは、いざ、黒糖焼酎を購入したと思っても、どの商品を購入したらよいのかが、わからない方も多いとは思います。

ここでは、筆者がオススメだと思う、黒糖焼酎のセット商品を2つご紹介させていただきます。

黒糖焼酎マイスターの厳選セットだから味もお墨付き、しかも送料無料

まず初めにご紹介する商品は、「黒糖焼酎厳選お湯割り6本セット(1800ml)」です。

この商品は、楽天市場に出店している、奄美市場の店主が厳選したお湯割りのセットとなっております。

もちろんこの商品は、お湯割り以外の飲み方としても、とても優秀なセット商品となっておりますので、安心してご購入していただいて結構だと思います。

この商品を販売している「奄美市場」の店主である、卓ちゃんこと、義永卓也さんは、奄美大島の店内で、あらゆる黒糖焼酎を扱っている、黒糖焼酎マイスターでもあります。

黒糖焼酎を知り尽くした店主の厳選セットともなれば、誰でも安心してご購入いただけるのではないでしょうか?

こちらの商品の詳細は、以下の記事で説明していますので、詳細の知りたい方は、以下のリンクより解説ページへお進みください。

黒糖焼酎厳選お湯割り6本セット(1800ml)の解説ページを見に行く。

奄美のめぐみ店主が厳選した奄美群島めぐりの代表銘柄セットで送料無料

次にご紹介するのは、「黒糖焼酎厳選新・常圧蒸留酒のみくらべAセット6本セット(1800ml)」です。

こちらの商品は、楽天市場に出店している、奄美のめぐみ店主が厳選した、奄美群島の、奄美大島、徳之島、喜界島、沖永良部島の4つの島にある、6つの蔵元の代表銘柄の詰め合わせとなっております。

筆者も「奄美の恵み」からは何度もリピート購入させていただいている、常連客です。

こちらの店では、黒糖焼酎が購入しやすいセット商品が多く取り揃えていたりするので、思わずリピート購入をしたくなってしまうのです。

こちらの店主もいわば、黒糖焼酎を知り尽くした黒糖焼酎マスターなので、この店主の厳選ともなれば、もうお墨付きですよね。

こちらの商品の詳細は、以下の記事で説明していますので、詳細の知りたい方は、以下のリンクより解説ページへお進みください。

黒糖焼酎厳選新・常圧蒸留酒のみくらべAセット6本セット(1800ml)の解説ページを見に行く。

安心して健康を手に入れたいなら、即行動に移すべし!

ここまでこの記事を読み進めていただいた読者様ならこのあとどうすべきか、もうお気付きですよね。

少しでも安心してお酒を飲みたいと思ったら、本格焼酎である黒糖焼酎を、今すぐにでも、手に入れるべきです!

実際、過去に、世界ギネスブックに掲載された「泉重千代」さんは、120歳まで生きた長寿の人で、奄美群島の徳之島で、末永く、黒糖焼酎を愛飲していたそうです。

沖縄や奄美大島で長寿の人が多い理由の一つに、これらの島で愛飲されているお酒が、黒糖焼酎や泡盛といった蒸留酒であることも、長寿の理由ではないでしょうか。

こんな風に、科学では健康へのお酒の影響の全てが、完全に解明しきれてはいません。

しかし、医学の分野において、本格焼酎の効能について言及されているということは、本格焼酎をマイボトルに取り入れてみる価値があるのではないでしょうか?

お酒の健康への影響は、どんどんと蓄積されていくものです。

もし、この記事を読んでいる読者様が、健康を一番にお考えだったとしたら、今すぐにでも、本格焼酎である、黒糖焼酎のご購入をオススメいたします。

さらに、ここでは詳しく解説していませんが、焼酎には、水割り、お湯割り、ソーダ割りといった、アルコール度数を抑えて美味しくいただく飲み方があるのです。

これまで述べた理由を全て理解された読者様なら、黒糖焼酎を飲まない理由なんて無いのではないでしょうか?

今すぐ購入して、安心を手に入れよう!

皆さん、早速、筆者同様、黒糖焼酎を飲んでみましょう。

健康面は十分にご理解いただいたと思いますので、美味しいかどうか試してみましょう!

購入して満足できなければ、他の種類のお酒を検討すれば良いだけのお話です。

読者様は、この記事を読んで、黒糖焼酎のメリットやデメリットも理解できたはず。

早速、黒糖焼酎のセットを手に入れて、健康的に、美味しく飲める未来を手に入れてください。

以下のリンクより、お好きなセットのご購入ページに移動できます。

今すぐ、黒糖焼酎厳選お湯割り6本セット(1800ml)を手に入れる。↓


2021年お歳暮【★送料込みセット価格・消費税込★】【fsp2124】奄美黒糖焼酎 厳選お湯割り6本セット】【焼酎 飲み比べ】   【smtb-MS】ギフト 贈答用【黒糖焼酎 セット】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

今すぐ、黒糖焼酎厳選新・常圧蒸留酒のみくらべAセット6本セット(1800ml)を手に入れる。↓


送料無料【新・常圧蒸留酒のみくらべセットA】龍宮/加那/高倉/あじゃ/朝日/天下一【1升瓶6本】

最新情報をチェックしよう!
>黒糖焼酎奄美の奇跡

黒糖焼酎奄美の奇跡

このサイトを通じて少しでも多くの人が黒糖焼酎及び奄美大島を好きになっていただけるよう、全力で魅力を伝えていきます。

CTR IMG