仕込み水、割り水にもこだわりがある

  • 6月 19, 2021
  • 5月 22, 2022
  • 知識編
  • 8view

仕込み水、割り水にもこだわりがある

焼酎造りの工程では、もろみを作る際の「仕込み水」、できあがった原酒のアルコール度数を調整する「割り水」があります。

ほとんどの蔵元では地域色を出すために、その土地の地下水を使用しています。

水はミネラル分を多く含む硬水と、これらの成分が少ない軟水に分けられます。

仕込みから割り水まで一貫して同じ水を使うことが多いのですが、蔵元によっては、仕込みを硬水、割り水を軟水というように使い分けている蔵元もあります。

原材料と麹の相性を加味し、「水」を選ぶ。このこだわりが、味や品質を向上させているのです。

最新情報をチェックしよう!
>黒糖焼酎奄美の奇跡

黒糖焼酎奄美の奇跡

このサイトを通じて少しでも多くの人が黒糖焼酎及び奄美大島を好きになっていただけるよう、全力で魅力を伝えていきます。

CTR IMG