まろやかなのど越しが魅力の黒糖焼酎「あじゃ 黒」配送料別途要

奄美大島にしかわ酒造 あじゃ 黒 25度 [ 焼酎 1800ml ]

ご購入は下記のリンクをクリック ↓

奄美大島にしかわ酒造 あじゃ 黒 25度 [ 焼酎 1800ml ]

奄美黒糖焼酎 あじゃ黒 (おやじ黒) 25度 1800ml 紙パック

黒麹で素材の味を引き立たせた「あじゃ 黒」

黒糖焼酎「あじゃ 黒」は、麹(こうじ)に黒麹を用いることにより、原料である黒糖の、芳醇でコクのある味わいをより引き立て、ほんのりとした甘さを感じます。

「あじゃ 白」同様、癖をあまり感じないのでとても飲みやすいです。

黒糖焼酎「あじゃ」を製造するにしかわ酒造は、奄美群島の徳之島にあります。

「あじゃ」とは、徳之島の方言で「おやじ、お父さん」のこと。

この、お父さんが名前の由来のお酒、厳しいお父さんと思いきや、やさしくて、ほんのり甘くて、どうやら、とても品のある優しいお父さんのようです。

蔵元のこだわりは、一次仕込みは甕(かめ)だけで行うということです。

この蔵元には近代的のような設備が整理されて並んでいます。

一次仕込みに使う甕(かめ)に、二次仕込み用のタンク、原酒を寝かせる貯蔵タンクに、原酒を割り水して度数を調整するブレンドタンクが並んでいます。

一次仕込みでは、ドラムで蒸した米に種麹(たねこうじ)をつけて40時間置いてつくったもろみを甕に入れ、水と酵母(こうぼ)を加えて酵母を増やします。

それを二次仕込みタンクに移し、一回の仕込みで分で900キログラムの黒糖を加えて、15日間発酵させます。

甕やタンクの中で発酵が進むと、麹たちが熱を出しはじめるので、温度管理システムでもろみの熱をコントロールします。

「あじゃ」に使われている水は、徳之島で育まれる名水が使われています。

言うまでもありませんが、水の美味しさはそのまま酒の美味しさへとつながります。

「あじゃ」を製造しているのは、にしかわ酒造。

にしかわ酒造が蔵を移設した理由も、この地なら美味しい水の恵みにあずかることができるからでした。

地下190メートルから汲み上げているという水場には、「水神」を祀り、美味しい酒を作りだす島の恵みに対する感謝を伝えているとのことです。

黒糖焼酎「あじゃ 黒」は、芳醇なコクを感じつつ、ほんのりとした甘さが特徴のお酒です。

「あじゃ」に比べて少しコクを感じるこのお酒、食事のお供になる範囲も少し広がるのではないでしょうか?

今宵の食卓に、「あじゃ」の名前の由来である、優しいタイプのお父さんに包まれてみてはいかがでしょうか?

黒糖焼酎「あじゃ 黒」の製造について

原料:黒糖

蒸留方式:常圧蒸留

麹の種類:米麹(黒)
アルコール度数:25度

製造元:株式会社奄美大島にしかわ酒造 鹿児島県大島郡徳之島町

仕込みや割水に使用するのは、蔵の地下190メートルから汲み上げた中硬水です。

約1億年前の中生代に形成された珊瑚層を含む硬い岩盤を数万年の時をかけて浸透した水で、ミネラルのバランスに優れ、焼酎をキレのよい味に仕上げてくれます。

ご購入は下記のリンクをクリック ↓

奄美大島にしかわ酒造 あじゃ 黒 25度 [ 焼酎 1800ml ]

奄美黒糖焼酎 あじゃ黒 (おやじ黒) 25度 1800ml 紙パック

最新情報をチェックしよう!
>黒糖焼酎奄美の奇跡

黒糖焼酎奄美の奇跡

このサイトを通じて少しでも多くの人が黒糖焼酎及び奄美大島を好きになっていただけるよう、全力で魅力を伝えていきます。

CTR IMG