「与論献奉(よろんけんぽう)」と白い砂のビーチの島、「与論島(よろんじま)」

  • 8月 29, 2021
  • 5月 22, 2022
  • 知識編
  • 113view

鹿児島県の最南端に位置する「与論島(よろんじま)」は、限りなく沖縄県に近い島です。

ここでは、そんな「与論島(よろんじま)」がどのような島なのかを解説していきます。

与論島の歴史処

与論島にはいくつかの歴史処があって、丘の上にある「サザンクロスセンター」の展示室をぐるっとまわると、与論島の歴史文化を読むことができます。

また、与論島の「与論民俗村(よろんみんぞくむら)」に行くと、かつて島で当たり前に使われていた生活道具の数々があり、染物などの体験をすることができます。

島の歴史文化に詳しい「与論民俗村」の菊秀史(きくひでのり)さんは、与論島を知るうえで必ず会っておきたい人です。

なぜなら、「与論民俗村」は秀史さんのお母さんがはじめた私設資料館だからです。

与論の文化と島人の歩みを伝えなければ、と感じた菊家の人々は、生活道具の収集を開始。

今や貴重な資料が残る場所となりました。

白い砂に囲まれたビーチの島

日本の島にはどこにでもビーチがあるわけでもなく、ビーチがあっても白い砂が続く島は、限られます。

そのなかで、小さな島に60もの真っ白なビーチがある与論島は、その質量とも群を抜いています。

与論島には、白砂の最高峰として名高い、まぼろしの浜「百合ヶ浜(ゆりがはま)」があります。

百合ヶ浜は、潮が引いてしまう干潮時だけに現れる砂地で、その時になると海水に洗われたきれいな砂が顔を出します。

島の東側にあるビーチから小船に乗り込み、透明な海を1.5キロメートルほど進んだところに現れた砂地は、浜辺とは比べ物にならないほどに美しい光景です。

ヨロンケンポウの島

与論島は、奄美群島および呑んべえ界では言わずと知れた「ヨロンケンポウ」の島です。

与論島には、宴会の場に集まった一人ひとりが口上を述べ、杯を一気飲みしては次の人にまわしていく「与論献奉(ヨロンケンポウ)」という作法があります。

全員自己紹介などしてはじまるから打ち解けやすい。

1巡するだけではもの足りなくて、2巡3巡と回すこともあります。

この「与論献奉(ヨロンケンポウ)」のことに、必ずといって飲まれるのが、島で唯一の酒蔵が提供する、「島有泉(しまゆうせん)」という黒糖焼酎です。

黒糖焼酎「島有泉(しまゆうせん)」は、生(き)で一気飲みができるように、20度と度数を控えめに作られています。

以下は、奄美群島広域事務組合 様のご許可をいただき、与論島の動画を掲載させていただきます。

以下から動画を楽しんでください。 ↓

最新情報をチェックしよう!
>黒糖焼酎奄美の奇跡

黒糖焼酎奄美の奇跡

このサイトを通じて少しでも多くの人が黒糖焼酎及び奄美大島を好きになっていただけるよう、全力で魅力を伝えていきます。

CTR IMG